生命保険の新規加入や見直しに際して

初心者の立ち位置から生命保険を再検証する作業を進めてみたいと思います

カテゴリー


無料相談活用の利点

2017.07.14

未分類

無料相談活用の利点 はコメントを受け付けていません。


来店型保険代理店によって細かい規定こそ異なりますが、窓口を訪れての保険見直し相談は、基本無料で実施している代理店が大半ですので、まずはご自宅からの訪問に無理な負担の無い代理店を候補に挙げ、1度直接足を運んでみられる事をお薦めします。但し何の準備も無く、例えば会社帰りなどにフラリと立ち寄り、カウンター越しに口頭でのやりとりだけで適正な対処が叶う作業ではありません。保険見直しに臨むに際しては、必ず事前にキチンと準備から確認しておくべきポイントが幾つも存在しています。

まずは現在加入中の保険契約の証券の持参が前提です。手元に見当たらぬ場合には保険会社に連絡すれば再発行対応してもられますが、一定の日数を要します。次にご家族全員の将来を視野に入れたライフプランを、大まかで構わないのでしっかり想定しておきましょう。子供が社会人として独立する、結婚する、自身が定年退職を迎えるなど、多少のズレは許容範囲ですので、これらの節目が訪れるであろう時期をキチンと把握しておいてください。次に皆さん自身が保険見直しに際し、何を希望するのかを明確に見据えておかねばなりません。保険料を減額したい、必要な保証内容をより万全に整えたいなど、自身の言葉でしっかり伝えて説明出来る態勢を整えておきましょう。これらの下準備があればこそ、生命保険見直しに関する無料相談のメリットが初めて実感出来るのです。

≪関連サイト≫保険GATE_生命保険無料相談申込

設計と見直しの重要性

2017.07.13

未分類

設計と見直しの重要性 はコメントを受け付けていません。


保険の見直しに際しては、自身と家族の現在から未来に向けてのライフプラン、すなわち将来に想定される重要な分岐点を把握した上での「人生計画」が見過ごせません。子供達が学生時代に稼ぎ手である主人に万一があれば、学費を含めた当面の生活費確保の問題が生じます。その他住宅ローンなど返済義務を有する状況、子供が独立から結婚して家を離れる、定年退職後夫婦2人での晩年など、その時々で必要と算出される一時金額は当然異なります。ですが多くの方々がこの基本的なポイントを見過ごし、単純に保険に加入している事実に対し、安心感を覚えておられるのが現状です。

まずはこうした「架空の想定年表」を思い浮かべ、現在自分達が加入している保険契約の補償内容とのマッチングを確かめる作業からの着手が必要です。ですが万全を期し過ぎる程の分厚い保証額への契約内容変更となれば、保険料負担額が家計を大きく圧迫してしまいます。このバランスを見極める作業が自分達だけで難しい場合にこそ、各保険代理店が積極的に提供中の無料相談サービスの活用がお薦めです。第三者である専門家の立場から、ヒアリングとコミュニケーションを通じ、現在の契約状況の解説から、修正が望ましいと判断されるポイントを的確に指摘してもらえるメリットが見過ごせません。

生命保険の必要性

2017.07.12

未分類

生命保険の必要性 はコメントを受け付けていません。


生命保険に対する私達の認識は人それぞれですが、不特定多数にコメントを求めれば「とりあえず加入している」「そういうものだと思っている」など、自らの意思が見当たらぬ解答が目に付く傾向が否めません。独身の社会人であれば、保護者が契約してくれた生命保険の保険料支払いだけを自身が担っているだけで、手元に証券が見当たらずとも気にしていない方々も潜在的に少なくないかと思われます。

生命保険は公的な所定の保険料を納め続ける事で、被保険者に万一が生じた際に保険金が支払われる、すなわち被保険者自身は直接的なメリットを実感出来ない、非常に特殊な契約と言える公的な金融商品です。すなわち被保険者が他界する事で一時的な金銭的困窮が生じる事を見越し、お金が必要となる家族あるいは近親者をサポートするのが主目的であり、加入に際しては被保険者の現在から未来に向けての環境や、その時々で必要と想定される金額の細やかな見直し作業が欠かせません。昨今の保険見直しブームが訴える重要性も、当然この部分に集約されていますが、残念ながら宣伝内容などから「保険料減額」が主目的との誤解が先行してしまっているのも事実です。私達は生命保険の必要性とその理由を、今一度正しく再確認する必要に迫られていると言えるでしょう。

生命保険を理解する

2017.07.11

未分類

生命保険を理解する はコメントを受け付けていません。


各メディアを通じての過剰とも言える宣伝を通じ、私達の意識の中にインプットされた保険見直しも、一過性の狂騒曲的なブームを経て、ようやく落ち着きを見せていると言えるでしょう。ですが一種の狂騒狂的な盛り上がりからの収束は、肝心の意義と必要性が正しく理解され、私達の日常生活に於いて為すべき作業と捉えられているか否かを問われれば、正直「微妙」と答えざるを得ないのも事実です。更には若い世代が社会人として経済的に独立から、新たに自分達の家庭を構えるに際し、初めて自身の意思で生命保険に加入するタイミングは日々次々と訪れています。既に保険見直しブームが記憶に薄い世代の若者達が、自身が生命保険の見直しの必要に迫られる時代が訪れているのです。

個人情報保護に関する意識の高まりや、私達が暮らす社会に於けるセキュリティに関する認識が、時代の推移に歩調を合わせて変化を見せる中、金融商品である生命保険の販売スタイルも大きく変化を見せており、今日ではインターネットを通じての申し込み、あるいは来店型保険代理店へ足を運んでの契約が主流となっています。昭和の時代の各戸訪問販売を知る世代からすれば、時に戸惑いを覚える急変ですが、一方で私達一般市民の生命保険に関する知識や理解度に関しては、昔も今も殆ど変わらないのが現状と思われます。保険見直しイコール保険料負担の軽減のメリットばかりがクローズアップされてしまった、そんな時期を経ての現在、今一度生命保険の新規加入や見直しに際し、私達が備えておくべき予備知識が見過ごせません。ここでは以下、敢えて初心者の立ち位置から生命保険を再検証する作業を進めてみたいと思います。